「ヨコミネ式」

 

 ヨコミネ式とは「読み・書き・計算」の自学自習を基本とし、子どものやる気を引き出し基礎学力を高め 子どもの持つ素晴らしい才能を開花させます。また「心の力・学ぶ力・体の力」をつけさせ、子ども たちが生まれ持っている「可能性」を最大限に引き出すための教育です。

 

「心の力」
 勉強だけできるようにすることが子育てではありません。 子どもの頭と体を鍛え強い心を育てる。これが大切なのです。 自分の力で人生を切り開いていく。つまり
「自立させる事」
かわいさのあまり、溺愛してしまうのは子どもの成長を阻害してしまいます。 また、男の子と女の子でも育て方は違います。しっかり子どもを見極め、 「自立」の心を育てていきます。

 

「体の力」
 運動をつかさどるのは小脳。
小脳は6歳までにほぼ出来上がると言われています。 子どもの運動神経を伸ばすには体操が必要です。 ストレッチ、ブリッジ、逆立ち歩き、跳び箱、レスリングなどの 体操をバランスよく行うことで自然に運動神経が発達します。
手取り足取り教えているわけではなくやはり環境から学んでいるんです。 自分たちで友達・お兄ちゃん・お姉ちゃんがしているのをみて真似をしながら 自分からどんどん学んでいきます。

 

「学ぶ力」
 自力で学ぼうとする力。「自学自習」は全ての基本です。
「読み・書き・計算(そろばん)」を通じて基礎学力を高め「自学自習」の 習慣を身につけ自ら学べる頭を作っていきます。
ゲーム感覚で楽しく子どものやる気を引き出し達成感を与える事で、 子どもは自ら進んで学んでいくようになります。
学校とは違います。英才教育でもありません。たから教えません。 ひとりひとり能力の差があります。だから「その子のできること」を環境設定してあげるのです。

 

 又、給食の時、自然の恵みや生命の尊さを思い、用意してくださった方々の労苦への感謝の言葉を唱えた後に 「いただきます」の挨拶をする。こうした意味もきちんと子どもたちに伝えるようにしております。 また、様々な毎月の行事体験学習を通じて日本文化の意味を理解していくことも重要であると考えております。 園に咲いている花をみたり、野原を散歩したり、ハロウィーンのカボチャを育てたり、イモほりをしたりして 様々な野菜や花々を自然に学習できるそんな楽しい想い出に残る保育園をめざしております。

 

社会福祉法人 北寺尾むつみ保育園
園長  長深田 悟

 

 

保育園とはとは園とは?

 

  • 保育園は、お母さんが労働に従事したり、病気等のために、家庭で保育ができない場合に、家庭にかわって保育します。

  • 当保育園では、養育と教育が一体となった豊かな人間形成の場として、また家庭教育の延長の場として、情緒ゆたかな児童の育成に努めています。

  • 0歳から6歳までの児童が、規則正しいプログラムの中で、友だちと一緒に遊んだり、学んだりする保育園生活は、丈夫な身体や自尊心、思いやり、協調性を身につける『育ち会い』の場です。

  • 保育とは、養育および教育であり、子どものうちにあるものを引き出すための教育の場です。

  • 当園は、認可保育です。

  • 保育園では、基本的な生活週間を家庭と手をとりあって身につけていきます。

<4つのしつけ>  

    1.「ハイ」と返事ができる。

     2.「おはよう」が言える。

    3.「くつならべ」ができる。

    4.早寝早起き朝ごはん。

  • 当園の休園は次のとおりです。

  • 日曜日・国民の休日 

  • 特に夏休みはありません 

  • 年末年始

  • その他、園長が必要と認めた休日